INNOVATIVE WORKS

EMOTIONAL

「WHITE TREE LETTER」
アプローチはいっぱい、表現は様々、思いは一つ

ビービーメディアは丸の内の商業施設「KITTE」のクリスマスイベントで行ったデジタルコンテンツ
2015「WHITE TREE LETTER」、2016「WHITE BREATH THEATER」の制作を手がけました。

イベントは大変な盛況となり、2015「WHITE TREE LETTER」は
「第55回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール ベストパートナー賞」を受賞するに至りました。
数多くあるデジタルコンテンツの中から何故この作品がユーザーの心をつかんだのか、
本案件に携わった田中宏大、楊 暁東の両氏に伺いました。

田中 宏大

2007年 BBmedia入社
インタラクティブ部門でFlashクリエイターとして勤務後、現在映像ディレクターとして活動。
アニメーションからデジタルの経験を生かした映像・デジタル作品を中心に制作している。

主な受賞歴:
2017年 ADFEST FILM CRAFT:Bronze
GCC Awards:Best Commercial Adaptation
NY ADC:merit
映像作家100人 2017 選出
2016年 消費者が選ぶ広告コンクール:グランプリ
New York Festivals:Finalist
2014年 ADFEST FILM CRAFT:Bronze
2013年 ヤングライオンズ・コンペティション サイバー日本代表選出

楊 暁東

中国青島出身
昔から日本のアニメに影響され、2007年 日本に留学しCGを専攻。
2015年 CG会社を経てBBmedia入社。
CG全般とコンポジットの経験を生かし、デジタル映像をベースとした(映像+X)の実験を続けながら、コンテンツ作成を行っている。

今まで携わった仕事:
映画「神様の言う通り」
映画「テラフォーマーズ」

主な受賞歴:
2012年 EAST-WEST ART AWARD COMPETITION 2012年 ビデオ・アニメーション部門 最優秀学生賞
2017年 GCC Awards: Best Commercial Adaptation

メッセージは不可欠

「WHITE TREE LETTER」(2015)制作の経緯について教えてください。

田中  2014年に、毎年行われているKITTEのクリスマスツリーの記録映像制作の依頼をいただいたのがきっかけです。当時ちょうどデジタル花火等の面白い企画をしていたこともあって、来年はやらせてくださいという話をしたら仕事につながったっていうのがそもそものスタートですね。
2015年は、スマートフォン上でクリスマスツリーが動き出すというベーシックな企画案は既にあって、BBmediaには映像と仕組みの期待をされて仕事が来た感じですね。

時間はあまり無かったのですが少しアイデアを出す余裕があったので、「手紙だからメッセージつけられたらよくないですか?」ってブレストの段階で提案したら、「いいね!」とそのアイデアが採用されました。

KITTEらしさ、はがきや日本郵便らしさを出すためにメッセージは不可欠だと思っていましたし、ちょうどその時期に或る展示で、その場で書いた自分の字が、そのまま自分の筆跡で映し出されるという作品を見て、筆跡という物にはストーリーがあって、書く行為自体に思いみたいなのが込められているなと感じて、「メッセージを送る」という仕組みを入れることで作品の強度が増すと確信していましたし、実現したいという思いは強かったです。

今までにない仕事

クリスマスツリーの映像について教えてください

  ちょうど入社した時にこの仕事が始まったので、演出的にやりたいことがあっても、ソフトウェアが無かったり環境が整っていなかったりと大変だったのを覚えています(笑)。

僕が入った段階では田中さんが書いたコンテ上で既にデザインが固まっていて、それに忠実にモデリングしてちょっと凝った木の3Dオブジェクトを制作したのですが、はがきを重ねたときに思っていたより複雑な見た目になってしまって、最終的にはシンプルなモデルにつくり直すことがありました。

前職がいわゆる普通の3D映像ばかりだったので、こういった最新の施策の制作方法が全然理解できなくて最初はてんてこ舞いでしたが、徐々に理解できてくると気合が入ってきましたね。こんな素敵なものつくっているんだって。

田中  クリスマスの設定で、当初ツリーが動くだけの想定だったのですが、もっとハートウォーミングにしたかったので「恋人」のテーマでストーリーを提案しました。でもKITTEさんは、恋人よりも家族のストーリーの方がいいという事で、単身赴任のお父さんという設定にして、子供から手紙が届いて、そのあと出会うというストーリーにしました。
作品を見てわかる人はいないかも知れないけど、細かいところにこだわっていますね。

  はがきの印刷がまだ決まっていなかったので映像を作るのが大変でしたね(笑)

田中  はがきは残るものにしたかったからこだわって時間がかかってしまいました。(笑)

手書きで手紙を送ること

実際に作品が完成して、会場のリアクションはいかがでしたか?

田中  作品の性質上、送られた相手のリアクションが本当なのかもしれないですが、年齢性別関係なく手書きでみんな一生懸命書き込んでいる姿を見たときは、ちょっとウルウル来ましたね。ハートウォーミングというテーマに共感してもらえたのだなという実感がわきました。あとは、送った人の思いが受け取った人にしっかりと伝わっているといいなと思いました。

  いまの時代手紙を書く人が少ない中、一生懸命手書きで手紙を送るっていうのは、外国人の目線からすると、日本って素晴らしいと思う。少なくとも僕の国にはないですね(笑)

BBmediaの創作環境

「WHITE TREE LETTER」が好評で2016年も再び携わることになったのでしょうか。

田中  はい。2015年の作品の評価が高くて、引き続きやりましょうっていうことになったのですが、企画が難航して本当に時間がない中で制作しました。

テーマに関しては、2015年は来館者に手紙を書いてもらい、遠くにいる送られた人に喜んでもらうものだったので、2016年は会場へ来てくれた人たちに喜んでもらえるものにしたいというオリエンがあり、誰かと一緒にその場で楽しめるものにしました。「人と人を結ぶ」という前年の作品のテーマを活かしたコンセプトになっています。センサーを使う装置を作ったのですが、映像を投射する粉がなかなか上手に飛ばず仕掛け屋さんと時間の無い中ヒヤヒヤしながら作りました。

2016年版の映像は幻想的な投影がありましたが。

  メインで弊社のモーショングラフィックスデザイナーの方が入っていてそのお手伝いをしていました。
2016年の映像は前例がないものだったので外部に依頼して制作してもらうのが非常に厳しい状況でした。

田中  社内で制作が完結したおかげでかなりトライアンドエラーの姿勢で制作に取り組めました。プランニングと制作が一緒に動ける機動力がなければ無理でしたね。プログラムもしかり、実現できるかできないかをその場で確認できるのは強いですね。

  その場で「できる・できない」を見極めて提案できるのは強いですよね。

田中  2015年もそうでしたが、社内にディレクターやプランナーと技術者が密に連携できている体制は創作には大変よい環境だと思います。

BBmediaはCM×WEB×テクノロジーの大きな3部門がありますがやはりその強みは感じますか?

田中  僕の中ではアニメーション×アイデア×テクノロジーっていうのは意識していて、 よくアナログとデジタルっていうのは意識されるけど、僕はアニメーションとアイデアとテクノロジーの新しい体験というのを提供しようと思っていて、BBmediaの強みや体験を活かしつつ、新しいものを生み出したかったっていうのはありました。今回のKITTEをやったから改めて意識したこともありますが、「WHITE TREE LETTER」も「WHITE BREATH THEATER」も思い起こしてみるとそういう気持ちをもって創作していたと思います。

2016年「WHITE BREATH THEATER」の反響はいかがでしたが?

田中  60分待ちになるくらい人気だったので、それはすごく感動しましたね。クリスマスっていうタイミングもあって、広告的な要素以上に、楽しみたいと思って体験してくれる人が多かったのはよかったですね。ちょっとしたテーマパークのアトラクションみたいになっていて驚きました。

  実際に自分も並んでみて、前にいたおばあちゃんがホームページ見て遠いところから来てくれたのを知って驚きましたね。でもそういう人も多いのかなって思いました。YouTubeで見たものを、実際に体験してみたいという人とか。「体験してみたい」と思ってくれたことがなにより嬉しかったです。

新しい技術を使うだけがゴールじゃない

最後にお二人の今後の展望について教えてください

  映像だけでもWEBだけでもなく、テクノロジーと何かを巧みに組み合わせて体験してもらえる新しいコンテンツを、BBmediaなら生み出せると思いますし、今後どんどん提案していきたいと思います。

田中  発信者側からすると技術的な新しい組み合わせも大事だけど、体験してくれた人や、見てくれた人の感情を動かすエモーショナルなところまで行けるような作品を作りたいです。だから、広告とか関係なく、世の中の人に楽しんでもらえるようなものを作りたいですね。

技術を使うのはゴールじゃなくて、お客さんに楽しんでもらうっていうゴールがあって、技術はその中の選択肢のひとつ。特にシンプルに楽しんでもらいたかったので、「書く」だったり「息を吹く」という手段を選びました。

僕は今映像ディレクターの肩書ですがもともとはFlashコンテンツを作っていました。見る側に立ったのは映像をやり始めてからなんですよ。そちらをやっていたときは、イケてる動きとかを追求して、結果重いサイトになってしまったり。そういう経験を踏まえたうえで今の考えがあります。

Flashコンテンツだけやっていたら、きっと今も技術がゴールだったかもしれません。でも今もFlash時代の方法を活かしつつアウトプットしたりもしています。昔の経験や興味が大切で、一つのことを突き詰めることも大切だと思いますが、一つの側面でしかモノを見るのではなく、色々なことを経験して様々な角度からモノを見ることができるというのはとても大切なことだと思うんです。
幸いBBmediaはWEBからCM、CMからWEBに移籍ができますし、同じ部門内でも役割を変えたり、またがって活躍したりできますから、ものづくりに大切なさまざまな経験ができるよい環境だと思います。